Company

HOME > Company > メッセージ
[ 会社概要 メッセージ 組織図 グループ情報 ]

メッセージ

我々『サンユテクノスプラントエンジニアズ』は主にプラント設備の設計を行っているエンジニアリング会社です。エネルギー分野、環境分野において、プロセス設計から電気計装設計に至るまで幅広く対応しております。
『ものづくり』に携わる上で、我々が最も重視しているのは責任感です。社員一人一人が設計に対して、責任を持って仕事に取り組めるか。設計エンジニアリングの仕事は、プラント設備の性能を満たすだけでなく、環境保全はもちろんのこと完成後設備を維持管理するオペレーターの安全も考えなければなりません。事故や災害が起こらないよう、常に責任感を持って設計するということを心掛けています。
ただし、机上での設計作業だけでは気が付かないポイントがいくつもあり、見落としがちな細かな点は、少なくありません。ですので、活きた設計をするために現場に行けるチャンスを設け、現場とのギャップを埋めるよう経験を増やす努力をしています。そして現場では、設計者としてのスーパーバイザーの役割を担いますが、現場の方々から得たいろんな意見や要望事項、アドバイスを次の設計に活かすことが出来る貴重な場所でもあるのです。
当社には特に営業部というものがありません。一つ一つ実績を重ね、お客様同士や業者の方々からの紹介で80社ぐらいの会社とお付き合いをさせていただけるようになったのは、そうした『活きた設計をする』という姿勢を評価していただけたからではないでしょうか。 また、色々な方々と接する経験の中で、社員一人一人の技術的な成長はもちろん、人間力までも伸ばしていければと思っております。

日本経済の流れに合わせて、プラント業界もグローバル化がどんどん進んできています。当社でも7割くらいはインドネシア、タイ、ベトナム、シンガポール等の海外に建設する為のプラント設計が多く、この先はエンジニアリングのやり方自体が変わっていくと思います。
そうした市場の取り巻く状況も踏まえ、本業の設計エンジニアリングを磨いていくのはもちろんのこと、これからは設備だけでなく、製作、工事まで行い、自社ブランドとして一気通貫のトータルエンジニアリングを目指していきます。
また現在関連事業として宇宙開発関連、低温・真空領域、水中ロボット等の特殊な設備も対応しています。今後も市場のニーズに応じ幅広い事業展開をしていきたいと考えております。

日々変化していく時代。我々『サンユテクノスプラントエンジニアズ』は、社員の新しい価値観や感性と共にこれからも変革、成長して参ります。

代表取締役社長 遠藤 豪之